美容整形のボトックスなら日帰り可

骨の張り出しがえらの原因の場合には、効果がボトックス注射では現れにくい為です。 また大体ボトックス注射の施術に要する時間は、15?30分位です。また痛みに敏感な方の場合には、麻酔を行うということもあるようです。また個 人差がこれはありますが、1?2ヶ月経過するとボトックス注射のえら縮小効果は現れてきます。そして半年位してまた元に戻るので、再度の注入が必要となってきま す。

 

えらを縮小する治療としてもボトックス注射は、使用されます。しわ取り効果や多汗症などの治療にボトックス注射は、効果的であることはよく知られています。
更に、えらを縮小する作用があります。物を噛むための筋肉である下あごの咬筋の過剰な肥大というものがえらの原因の1つとしてあります。効 果的にえらを治療する為に、ボトックスを注射します。歯ぎしりや常時ガムを噛んでいることなどがえらの元である咬筋の過剰な肥大の原因として、考えられます。

 

えらを縮小させる方法として、外科的手術がボトックス注射以外にもありました。しかしボトックス注射のメリットは、短時間の内にえらを縮小させることができ、メスによる切開の必要も無くて、えら治療法としては非常に画期的なのです。
更に咬筋の収縮作用をボトックス注射は弱らせ、動きにくくすることによってあごの筋肉が退化し、その結果えらが縮小され小顔になれます。

 

ただし筋肉の動きを抑制する作用にはボトックス注 射のデメリットとして限りがあります。半年位でえらの縮小効果が、薄れて来る場合もあるので、ボトックス注射を継続的に注 入する必要が生じます。
えら治療をボトックス注射によって行うには、えらの張り具合や筋肉の厚さ、形などをまずエコー検査によって確認する必要があります。ボトッ クス注射の注入量と、えらの適切な注入部位をそれから決定していきます。